経営・融資相談

青色申告について

青色申告とは

毎日の収入や経費などを帳簿に記帳し、その帳簿に基づいて正しく所得や税額を計算し、青色の決算書及び申告書で申告する制度です。この青色申告書を提出する人は、税金の面でいろいろな特典が受けられるます。

青色申告の手続き

青色申告をすることができる人は、事業所得、不動産所得、山林所得のある人です。これらの所得で新たに青色申告しようとする人は、その年の3月15日までに「青色申告承認申請書」を税務署に提出してください。
なおその年の1月16日以後新たに開業した人は、開業の日から2ヶ月以内に届出すればよいことになっています。

記帳する帳簿は

一般の場合、次の帳簿によります。

  • 現金出納帳
    「店の金庫」から出し入れする金銭の全てを、その日ごとに記帳します。金庫のお金と帳簿残高が常に一致するよう心がけましょう。
  • 経費帳
    経費科目ごとに記帳します。預金口座から自動振替した経費を見落とさないよう注意しましょう。(例えば電話代、支払利息など)
  • 売掛帳
    商品を掛けで売ったときや受け入れたときに記帳します。値引きや返品のときは数字の頭に△印又は赤インクで書きます。
  • 買掛帳
    商品を掛けで仕入れたときや、支払ったとき記帳します。値引きや返品のときは売掛帳と同じように書きます。
  • 固定資産台帳
    建物、機械、車両、工具、器具、備品等購入金額が20万円以上の資産を記帳します。
  • その他の帳簿

帳簿書類の整理保存は

記帳した帳簿及び書類などは、整理して7年間(特定の書類については5年間)保存することとされています。

青色申告の特典

青色申告の特典はいろいろありますが、その中で皆さんが多く利用されているのは次のようなものです。

  • 青色専従者給与
    同居している親族のうち、満15歳以上の人でもっぱらその事業に従事している人に支払った給与は、労務の対価として適正であれば全額必要経費になります。
  • 貸倒引当金
    年末の売掛金や貸付金残高の5.5%(金融業は3.3%)までの額を貸倒引当金として、必要経費にすることができます。
  • 青色申告控除
    青色申告している人は、10万円と65万円のいずれかの選択により特別に控除されます。65万円の特別控除を選択する条件は、正規の簿記の原則に則したものに限られます。
  • 損失の繰越・繰戻し
    事業所得等に損失が出たとき、その損失額を翌年以降3年間に渡って、順次各年の所得から差引くことができます。また前年も青色申告している人で、特定の所得については、その損失額を前年の所得から控除して既に納付している前年分の所得税を還付してもらうこともできます。