経営・融資相談

税務・記帳相談

税務・記帳相談

青色申告事業者には税法上の特典もあります!

事業を行う上で法人・個人を問わず記帳は必須用件ですが、パソコン会計は如何ですか。日々の記帳は税務申告のためばかりでなく、経営動向の把握と改善のためにも必要です。青色申告事業者には税法上の特典もありますので節税のためにもしっかり記帳しましょう。

青色申告について

事業を行なう上で、日々の記帳がどんなに大切かは申すまでもありませんが、習慣化しないと溜め込んでしまい、実態がわからなくなってしまう場合があります。大切なことは、経営者が業績を係数で把握して企業の舵取りに反映させることです。記帳をだれが行なうかはさて置き、正確を期すことは、常に実態を把握しておくために必要な原則です。

税のカレンダー

日々記帳をしている場合

  • 青色申告ができる。
  • 融資申し込みの際の実績提示ができる。
  • 業績の実態を把握することにより経営改善への近道となる。

日々記帳をしていない場合

  • 業績の実態が把握できていなければ適正な舵取りができない。
  • 実態把握していない習慣が、業務全般をチェックできない無管理体制になりがち。
  • 不確かな実態は、時間および収支のロスばかりでなく大きな間違いをしてしまう。
  • 正しい税務申告ができず節税がなされない。または過少申告してしまう場合がある。
  • 納税要件が整わず、融資に不利益が生じる場合がある。

では、苦手な記帳を克服するためにはどうしたらよいでしょうか?

苦手でなくなるよう、猛勉強する。記帳を簡単にする。などが考えられます。
記帳を正しく行う方法としてパソコン会計をお勧めします。小規模の場合は簡易帳簿でも記帳できます。

パソコン会計

八千代商工会議所中小企業相談所では 弥生会計 を推奨しています。取引が発生した日付・科目・金額さえ間違わなければ、あとはパソコンが計算し、諸帳簿が出来上がり、決算書の作成まで可能です。

簡易帳簿

これは簡単。1日1行の多桁式で、1ヶ月1ページ。一覧性に優れ、経費も最初から分類されるので決算時のわずらわしさが嘘のよう。記帳が楽しみになる帳簿です。但し小企業向きです。八千代商工会議所で販売しています。
また、青色5帳簿の利用もできます。

いずれにしても大切な心構えがあります。記帳を習慣化して伝票類を溜めこまないこと、生経分離をきちんとすることなのです。

困ったときの記帳代行

八千代商工会議所中小企業相談所では、個人経営の会員事業所を対象に記帳代行業務を実施しています。記帳時間がとれない方にお勧めです。
商工会議所では、パソコン会計により、元帳から決算書作成・財務分析まで行い、それらをもとにした経営アドバイス、節税アドバイスを行います。
記帳は、実態把握と税務申告のためばかりではなく、資金調達のときに威力を発揮する大切な書類になります。まずは、中小企業相談所へご相談下さい。

税務関連のリンク