経営・融資相談

労務相談

労務相談

労務について

従業員が1人でもいる場合は、労働保険に加入しなければなりません。八千代商工会議所には労働保険事務組合が設置され、加入事業所の事務代行を行っています。
事務組合加入のメリットは、事業主の労災への特別加入ができること、労働保険事務代行により手間が省けるため経費節減や事業への従事ができること、保険料の分割納付ができることなどが挙げられます。
また、八千代商工会議所は社会保険の各種用紙配布所でもあります。身近に便利に、八千代商工会議所をご利用下さい。
さらに、八千代商工会議所では労働保険を補完する「やちよ共済」や従業員のための退職金共済など事業主や従業員のための福利厚生のためさまざまな共済制度もご用意しています。
労働保険や社会保険、厚生年金又は個人年金、各種共済などは会社が小さいときから始めることをお勧めします。
労働保険について、労働保険事務組合へのご加入のご相談、従業員の福利厚生など労務に関するご相談は八千代商工会議所中小企業相談所へ。

労働保険事務組合について

八千代商工会議所には労働保険事務組合が設置されています。
労働保険事務組合とは、労働大臣から労働保険の事務処理を行うことを認可され、中小企業事業主に代わってさまざまな労働保険に関する事務を代行することのできる団体です。
労働保険事務組合に加入することにより、原則として労働保険に加入することのできない事業主や家族従事者なども、特別に労災保険に加入することができることなど、さまざまなメリットがあります。

労働保険について

労働保険とは、労働者災害補償保険(一般に「労災保険」といいます。)と「雇用保険」とを総称した言葉です。労働保険は、農林水産の事業の一部を除き労働者を一人でも雇用する事業は法人格の有無、加入の意思のいかんを問わず全面(強制)適用となります。

労災保険とは

業務上の事由又は通勤による労働者の負傷、疾病、障害又は死亡に対して迅速かつ公正な保護をするため、必要な保険給付を行いあわせて、労働者の社会復帰の促進、労働者及びその遺族の援護、適正な労働条件の確保等を図り、もって労働者の福祉の増進に寄与することを目的とした制度です。

雇用保険とは

労働者が失業した場合に必要な給付を行うことにより、求職活動を容易にする等、就職の促進を図ること。また、失業の予防、雇用状態の是正及び雇用機会の増大、労働者の能力の開発及び向上、その他労働者の福祉の増進を図ることを目的とします。

八千代商工会議所では労働保険事務組合を設置しています

事務組合とは、厚生労働大臣から労働保険の事務処理を行うことを認可され、中小企業事業主に代わってさまざまな労働保険に関する事務を代行することのできる団体です。労働保険事務組合は、事業主にとって、わずらわしく負担となっている保険料の申告納付手続や雇用保険の被保険者に関する手続(労働者の入社、退社のときの届出等)を事業主に代ってすることができることができます。

労働保険事務組合に委託するメリット
  • 労災保険に加入できない事業主や家族従事者も労災保険に特別加入することができます。
  • 事業主にとってわずらわしく負担となっている事務処理が軽減されます。
  • 労働保険料の納付について、労働保険料額にかかわらず3回の分納ができます。
特別加入制度とは

労働者以外の方(事業主、会社役員、家族従事者等)で、その業務の実情、災害の発生状況などから特に労働者と同等に保護すると認められる方について、特別に労災保険の任意加入を認めている制度です。
※当事務組合では一人親方等の労災特別加入制度は取り扱っておりません。

委託手数料

概算保険料の10%+消費税(最低5,000円+消費税、最高100,000円+消費税)
※計算上生じた円未満の端数は切捨て。

事務委託の範囲
  • 労働保険料の申告・納付。
  • 雇用保険の被保険者に関する届出等に関する手続。
  • 保険関係成立届、労災保険又は雇用保険の任意加入申請書、雇用保険の事業所設置届等の提出に関する手続。
  • 労災保険の特別加入申請、変更申請、脱退申請等に関する手続。
  • 労働保険事務処理委託、委託解除に関する手続。
  • その他労働保険の適用徴収にかかる申請、届出及び報告に関する手続。
委託できる事業所
  • 八千代商工会議所会員事業所。
  • 金融業、保険業、不動産業、又は小売業にあっては、その使用する労働者数が常時50人以下の事業主。
  • 卸売業又はサービス業にあっては、その使用する労働者数が常時100人以下の事業主。
  • 製造業、建設業等で上記以外の業種でその使用する労働者数が常時300人以下の事業主。

※労働者〔家族従業員、役員は除く〕を1名以上雇っていることが必要です。
※建設業で元請工事高がない場合は委託できません。

労務関連のリンク